ランドセルの疑問・質問

ランドセルの素材「コードバン」って何? メリットやデメリットは?

ランドセルの素材にこだわる本物志向の親御さんに選ばれているのが「コードバン」です。牛革よりさらに高価なコードバンにはどんな特徴があるのでしょう?
この記事では、「コードバン」の特徴やメリット・デメリットについてご紹介。後半では、羽倉のエイジングコードバンについてもご紹介します。

ランドセルの素材は大きく分けて3種類




ランドセルを選ぶとき、まずは知っておきたいのが素材の特徴です。
ランドセルの素材は大きく分けて3種類ありますので、それぞれの特徴についてご紹介します。

主流は人工皮革


現在、ランドセルの主流となっている素材は人工皮革です。
人工皮革というより「クラリーノ」と言った方がピンとくる方が多いかもしれませんね。

クラリーノは天然皮革をモデルにして作られた素材です。
本革のデメリットとなる「重い」「水に弱い」といった点をクリアしているため、子どもが使うランドセルの素材として適しています。
また、染色しやすいためカラーバリエーションが豊富という点も魅力的。子どもの気に入った色が見つかりやすいでしょう。

人工皮革は進化し続けていて、「傷に強い」「雨に強い」「牛革のような風合い」「メタリック調」といった特徴を持つものもあります。

ランドセル素材の人工皮革はクラリーノが有名ですが、他にも「コードレ」や「タフガード」などの素材があり、それぞれに特長があります。

天然皮革のランドセルでも、子どもがより軽く快適に背負えるよう、部分的に人工皮革が用いられているタイプもありますよ。

風合いが魅力の牛革


子どもが6年間使うランドセルなので、「いいものを持たせてあげたい」という親御さんに人気が高いのが牛革ランドセルです。

人工皮革よりも価格は高めですが、使うほどに風合いが増してくる牛革は高級感があって魅力的。
人工皮革よりも強度が高いため、耐久性の面でも安心感があります。

牛革はオーソドックスなカラー展開が多いですが、最近は豊富なカラーバリエーションが揃っているシリーズもあります。素材にこだわる親御さん、色にこだわるお子さんのどちらも気に入るランドセルが見つかるかもしれませんね。

品格があるコードバン


ランドセル素材のなかでも最高級のものが「コードバン」です。
触り心地は滑らかで、美しい光沢感が魅力。

ほとんどのコードバンランドセルは装飾が少なく、ベーシックなカラー展開ですが、派手さはなくても一目で高級なランドセルとわかる品格を備えています。

また、見た目の美しさだけでなく、強度が高く耐久性が高いこともコードバンの魅力です。
希少な素材のため価格も高いのですが、子どもの頃から本物に触れてほしいという親御さんに選ばれています。

コードバンとは馬のおしりの革




コードバンとは、馬のおしりの革の内側にある厚さ2mmほどのコードバン層という繊維質を削り取ったものです。

コードバンを採取する様子は、まるで宝石を採取しているかのよう。そのため「革のダイアモンド」と称されています。

コードバンが採取できるのは限られた馬のみで、1頭からわずかな量しか採取できません。
ランドセルなら、1頭の馬からかぶせ2枚分しか採取できないので、大変希少価値があります。

コードバン素材の特徴




高級素材のコードバンは、紳士用の高級財布やカバン、靴などにも使われます。
滑らかな手触りと、使うほどに艶が増す美しい光沢感が特徴です。
希少価値が高い素材のため、コードバンのランドセルは人工皮革や牛革と比べて高価。

高級な素材なので子どもが乱暴に扱うことを心配する親御さんもいらっしゃるでしょうが、コードバンは耐久性が高く、6年間きれいに使うことができます。
きっとお子さんも卒業時に「このランドセルでよかった」と思えるでしょう。

コードバン素材のメリット



見た目に品格がある


コードバンのランドセルは、なめらかな質感と美しいツヤが品格を感じさせます。
使い込むと艶が増して風合いが出るので、6年間エイジングを楽しみながら使えるでしょう。


使い始めはやや固さもありますが、使い込むことによって体になじんできます。
学年が上がるにつれ、ランドセルも一緒に育っていき、風格を増していくでしょう。

強度が高い


6年間使うランドセルなので、ちょっと乱暴に扱ったくらいでは型崩れしない頑丈なものを選びたいですよね。

コードバンには強度が高いという特長があります。
人工皮革に比べると牛革の方が強度が高いのですが、コードバンはその牛革の3倍ほどの強さ。
元気なお子さんにも安心して持たせることができるでしょう。

コードバン素材のデメリット



他の素材より重い


コードバンを検討する方の多くは重さで悩むかもしれません。
ランドセルの重量は、強度が上がるほど重くなります。

牛革の3倍の強度を持つコードバンは1,400~1,500グラム程度。
人工皮革(クラリーノ)が1,000~1,200グラム程度、牛革が1,200~1,400グラム程度なので、コードバンのランドセルは重量が最も重く、子どもの体への負担が気になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ランドセルは実際の重さよりも体感重量を重視すべきです。
背あてや肩ベルトがフィットするランドセルは背負い心地がよく、実際の重量よりも軽く感じるでしょう。
重量が気になる方は、お店で実際に背負い心地を試してから購入することをおすすめします。

水に弱い


コードバンは水に弱いため、雨に濡れたランドセルを放置しておくとシミや色落ち、変形の原因になる可能性があります。

濡れたときはすぐに布で拭き取って、自然乾燥をさせなくてはいけません。
ドライヤーで急速に乾かすとシワの原因になるので注意しましょう。


 

本物を使う喜びをお子さんが体感できる!


コードバンのランドセルは、子どもに本物を使う喜びを知ってもらうことができます。
人工皮革に比べると装飾やカラーバリエーションは少ないですが、学年が上がるにつれ、自分のランドセルの良さを実感するようになるでしょう。


コードバンランドセルは品格が感じられるツヤや質感が魅力なだけでなく、他の素材よりも強度が高いため6年間安心して使うことができます。
高価ではありますが、毎日使うものなので品格があるランドセルを買ってあげたい親御さんは、コードバン素材のランドセルを検討されてはいかがでしょうか。

羽倉の手づくりランドセル「コードバン」ラインナップ




羽倉では留め具の鋲(びょう)なしで高い強度を保つフラップ(かぶせ)の工法を開発しました。
鋲のないランドセルが、上質な「エイジングコードバン」の風格と美しさを引き立てます。


「エイジングコードバン」は、コードバンの革の変化を楽しめるよう、革本来の表情を残す仕上げ加工を施したもの。
使い続けるうちにフラップが艶を増し、質感も吸い付くような手触りに変化していきます。


「エイジングコードバン」の詳細はこちら

美しい艶が高級感を伝える<ブラック>



糸色もおしゃれな<ネイビー>



深い赤の発色も目を引く<ダークレッド>




実際にランドセルをご覧になり、手にとってみると、質感の違いがお分かりいただけるはず。

ぜひ展示会やショールームで実際に触れて、コードバンの手ざわりと存在感をお確かめください。

 

実物を見られるショールーム&展示会の情報はこちら

カタログご請求を受付中
  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・展示会
  • 2021年ご入学用無料ランドセルカタログ請求