羽倉のおもい 羽倉のおもい

羽倉の手づくりランドセル

羽倉のおもい

130年の伝統が培った職人技だから、できること。

130年の伝統が培った
職人技だから、できること。

君だけの6年間を刻もう

  • 「かばんの街の職人が<本当に良い>と信じるランドセルをつくりたい」
    「未来を担う子どもたちに本物の品質に触れてほしい」

    かばんの街の職人が<本当に良い>と
    信じるランドセルをつくりたい
    未来を担う子どもたちに
    本物の品質に触れてほしい

    そんな想いで生み出したのが、羽倉の手づくりランドセルです。
    職人の手でぬくもりを伝え、お子さまが手にした瞬間から馴染んでいく。
    そんな<本物のかばん>を届けるため、斬新な手法をランドセルに導入しました。

  • 未来を担う子供たち 未来を担う子供たち
  • 大切なお子さまの6年間
  • 自然のなかで育まれた<生きもの>の革。その滑らかな艶を熟練の技で引き出す「鋲なしフラップ」や「コバ塗り」、選び抜いた優しい色合い、妥協のないデザイン性と耐久性。こだわりを詰め込んで、大切なお子さまの6年間を彩るランドセル。楽しい思い出が刻まれるたび、その深みを増していきます。

  • 大切なお子さまの6年間

ランドセル初の「豊岡鞄」ブランド認定品

ランドセル初の「豊岡鞄」ブランド認定品

  • 千年の伝統をもつかばんの街・豊岡から

    職人の技術と伝統

    「羽倉の手づくりランドセル」が生み出される但馬豊岡工房は、兵庫県豊岡市にあります。城崎温泉でも全国的にその名を知られる豊岡の街では、千年前の奈良時代に、柳を編んでカゴをつくる豊岡杞柳細工(柳行李)が生まれました。ものづくりの歴史と、日本一のかばん生産量を誇る豊岡。職人の技術と伝統を守り、安心して使っていただける上質なかばんを日本中、世界中に届けています。

  • 職人の技術と伝統
  • 羽倉の手づくりランドセル 羽倉の手づくりランドセル
  • 地域ブランド「豊岡鞄」の厳しい審査

    2006年、特許庁に認められた地域ブランド「豊岡鞄」。“ものづくりの長い歴史と、職人の技術が生んだ、優れた鞄を消費者に安心して使っていただく”というコンセプトで誕生しました。「豊岡鞄」と呼べるのは、兵庫県鞄工業組合が定めた基準を満たし、厳しい認定審査に合格したかばんだけ。見えない部分まで丹念にチェックされ、縫い目がひとつでもズレていれば不合格に。高い品質基準を満たし、認定された「豊岡鞄」には、鞄職人の誇りが詰まっています。

  • 地元職人の志を注ぎ込んで、
    「豊岡鞄」初の認定ランドセルに

    ひと針ひと手間に想いを込めてお届けします

    昭和38年(1963年)に豊岡で創業し、“すべての工程を手がけてこそのモノづくり”をモットーに、あらゆるかばんの製作工程をすべて担える技術力を培ってきた羽倉。豊岡職人の志を注ぎ込んで誕生させた「羽倉の手づくりランドセル」は、2018年、ランドセルとして初めての「豊岡鞄」認定商品となりました。歴史と伝統を継ぐ街の誇りを胸に、ひと針、ひと手間に想いを込めてお届けします。

  • ひと針ひと手間に想いを込めてお届けします
  • <豊岡鞄の保証制度>

    豊岡鞄の保証制度

    「豊岡鞄」に認定された商品には、認定製品番号と製造企業名入りの保証書が付けられます。「豊岡鞄」は地域の共有財産として産地ぐるみで守り育てているブランド。製造企業それぞれが商品の保証責任を担い、万一の際は最善の対応をお約束します。

  • 豊岡鞄の保証制度

工房紹介を見る