コンセプト

Concept of Hakura randoseru

君だけの6年間を刻もう

国産鞄の70%を製造する
「鞄の街・豊岡」から

皆さんがお持ちの鞄のうち、国産のものはそのほとんどが豊岡でつくられたものかもしれません。兵庫県が誇る「鞄の町・豊岡」では、有名ブランドのOEMも含めて国産鞄の70%を生産しています。その歴史は古く、起源をたどれば奈良時代の柳細工に端を発するといわれ、当時豊岡でつくられた「柳筥(やなぎかご)」は正倉院に上納され、今も残されています。その後1881年に登場した、柳細工の箱(柳行李)を革バンドで締めた「行李鞄」が「豊岡鞄」のはじまりといわれています。

「豊岡鞄」審査を担う
「羽倉」のランドセル。

私たち「羽倉」は、受け継がれてきた鞄づくりの技術を大切にしながら、「豊岡鞄」認定企業の審査にも参加。また、拠点施設「Toyooka KABAN Artisan Avenue」の立ち上げに参加するなど、「豊岡から、本当に良い鞄をお届けする」ことに力を注いできました。大人の方にはもちろん、これからの未来を担う子供たちにも、その「本物の品質」に早くから触れてほしい。そうした想いから、「鞄の町・豊岡」のすべてを注ぎ込んだランドセルづくりをめざしています。

130年の伝統が培った
職人技だから、できること。

「豊岡鞄」を名乗るためには、「縫いの美しさ」をはじめとする厳しい審査を通過しなければなりません。こうした「行李鞄」から130年以上培われてきた鞄づくりの高度な技術は、羽倉の手づくりランドセルにも丹念に注がれています。鋲を使用せず強度と美しさを兼ね備えた「鋲なしフラップ」、コバ塗り以上に美しく仕上がる「コバ磨き」、手づくりだからこそできる「キザミ」など、こだわりの職人技で6年間を彩ります。

独自の素材に刻まれるのは、
君だけの6年間。

こだわりは、革素材にも。自然のなかで育まれた“生きもの”である革の長所を引き出すために、従来のランドセルにはない加工手法を天然皮革に採用しました。美しさと耐久性を兼ね備え、柔らかく優しい色に染め上げられた本革は、使い続けるなかでその風合いを変化させ、手づくりならではの味わい深い表情を見せてくれます。