ランドセルの基本性能

Basic performance

6年間、毎日背負うランドセル。
だからこそ、使いやすさと
丈夫さを大切に。

基本性能 その1

背負いやすいこと

  • ウィングセカン

    まだ体の小さい新一年生でも無理なく背負えるように、肩や背中に均等に荷重を分散する「ウィングセカン」を採用しています。

  • 体にフィットする肩ベルト

    肩ベルトの付け根を肩の角度に合わせて立ち上げるとともに、体の曲線に沿うS字形状のベルトを採用しています。こうすることで、ランドセルと体のすき間を無くし、背中にフィットするように。
    重さを感じにくい仕様です。

基本性能 その2

丈夫であること

  • T字の芯材

    サイドにT字型の芯材を使用することで、ランドセルの型崩れを防止しています。

  • 0番糸×ひし針

    ゴルフバッグの口枠にも用いられる、最も太くて丈夫な0番糸を採用しています。また、高級ブランドバッグにも用いられるひし針によって、糸が斜めに縫い込まれていきます。強度と高級感がある仕様です。

基本性能 その3

安全であること

  • 反射材

    車のヘッドライトなどの光を反射するテープを中のベルト(前じめ)に採用しています。

  • 安全ナスカン

    ランドンセルの側面に備え付けられた安全ナスカンは、巻き込まれ事故を防ぐため、通常の使用ではありえない大きな負荷がかかると革が切れる仕組みになっています。切れた場合は、工房で修理を承りますので、ご連絡ください。

基本性能 その4

使いやすいこと

  • A4フラットファイル収納

    A4フラットファイル(縦307mm×横230mm)が入る設計となっています。

  • ワンタッチ自動ロック錠

    フラップ(かぶせ)を閉じて錠を差し込むと自動的にロックされます。ロック忘れでの中身飛び出し防止に。