ランドセルの疑問・質問

男の子の定番「黒」ランドセル、最近は女の子も愛用中! その魅力って?



お子さんやお孫さんに贈るランドセル、最近は色やデザインなどの選択肢がとても多いので、何色を選ぶべきか悩みますよね。

なかでも根強い人気カラー「黒」のランドセルに関しては、こんなお悩みが多いんです。

  • 娘が黒いランドセルを欲しがっているけど、からかわれないか不安

  • 男の子のランドセルは黒!と決めていたけど違う色を欲しがっている

  • 今の時代、黒のランドセルは地味すぎる?


この記事では、こうした質問の答えと共に、黒のランドセルが多くの方に選ばれている理由や、ランドセルを黒にするメリット・デメリットについてご紹介します。

さらに「女の子に黒いランドセルはありなのか」「黒のランドセルを選んで後悔はなかったのか」など、先輩ママ・パパから実際の声も集めてみました!

ぜひ、ランドセル選びの参考にしてくださいね。後半では羽倉のランドセルから人気モデルをご紹介いたします。

黒のランドセルが人気の理由、後悔したことは? 先輩ママ・パパの口コミを調査!




実際に、黒のランドセルを選んだ先輩ママ・パパからはこんな声がありました。




使い込んだ4年生になっても光沢あり。黒にして大正解!


(男の子ママの口コミ)

うちの息子はあまりランドセルにこだわりがなかったので、夫と相談して定番の黒を購入しました。
今4年生なのですが、購入時に比べると多少の使用感はあるものの、いまも光沢が残ったまま綺麗に使えていて満足しています。
一方、薄いカラーのランドセルを買った娘は「汚れや皮のひび割れが目立って恥ずかしい……」。
そのランドセルを6年間使えず、途中でバッグを購入して切り替えました。





娘の希望で黒いランドセルを購入。どんな洋服にも合うので大満足


(女の子パパの口コミ)

祖父母を引き連れてランドセルを選びに行った時、娘は「黒が良い!」との一択。てっきり娘はピンクや赤の可愛らしいランドセルを選ぶと思っていたので「女の子が黒のランドセル!?」と驚きました。特に祖父母は信じられないといった様子でしたが、本人の希望なので思い切ってブラックに決定。
入学してみると、他にも女の子で、ピンクの縁どりやカワイイ刺繍を入れた黒のランドセルを使っている子が何人かいて、安心しました。
現在、娘も5年生になりオシャレに目覚めていますが「黒のランドセルはどんな洋服にも合う!」とのこと。すっかり気に入って、ずっと大事に使ってくれています。
黒一色のランドセルはまだ女の子では少数派のようですが、黒いランドセルをからかわれたことも一度もないようで「時代は変わったんだな……」と実感しました。




6年間飽きずに使えるブラックにして良かったです


(男の子ママの口コミ)

ブラックにブルーのふちどりが入ったデザインのランドセルを購入しました。
うちの小学校は地域柄、6年間ランドセルを使う子がほとんど。親からは<派手な色のランドセルを選んだことで後悔してる男の子も多い>ということを聞いていました。
定番の黒なら飽きが来ないですし、長く使うのにも安心です。息子も「黒で良かった」と言ってくれます。




祖父母の意向で定番の黒に。友達のカラフルなランドセルに囲まれて息子はしょんぼり……


(男の子ママの口コミ)

うちの息子は幼稚園の時からピンクやオレンジなど可愛い色を好み、ランドセルを選ぶときも男の子にしては珍しい色を希望してました。
しかし「いじめられるのでは…」との祖父母の意向もあって、オーソドックスな黒の牛革ランドセルを購入。
いざ小学校に入学してみると、周りの友達が背負っているのはカラフルなランドセル。その中でしょんぼりした息子を見た時は少し後悔しました。
今では本人は何とも思っていないようでケロッとしていますが、そんなに黒にこだわらなくても良かったかな~と思っています。




黒のランドセルを選んで満足している、という声が多かったのですが、中にはお子さんの希望を聞いてあげられなかったことに対して後悔しているという声も。

こうした先輩ママ・パパからの声をもとに、黒のランドセルのメリット・デメリットについてまとめてみました!

オーソドックスな黒のランドセル、そのメリットは?



メリット1:飽きずに長く使える


黒のランドセルの1番のメリットと言えば、子どもが飽きずに長く使ってくれることです。
ランドセルのカラーは、低学年だとカラフルなものが人気なのですが、高学年になると大人っぽいカラーに憧れる子が多くなってきます。

なかには「低学年みたいで格好悪い……」「恥ずかしいからもう派手なランドセルは使いたくない」とお子さんに言われてしまい、泣く泣く通学用バッグを新たに購入する親御さんもいるようです。
高学年になっても使いやすい黒なら、お子さんが飽きてしまう心配もありません。

メリット2:傷や汚れが目立ちにくい


最近のランドセルは傷や汚れが目立たない加工がされているものの、子どもが使うものですからどうしても汚れてしまいます。
特にやんちゃな男の子はランドセルを乱暴に扱うことも多いので、汚れが目立たない黒は6年間使うのにピッタリですよね。

メリット3 :防犯性が高まる


大変残念なことですが近年、登下校時の小学生を狙った嫌な事件が多くなっています。
狙われるのは女の子が多く、低学年だと男女の見分けがつきにくいため、時にランドセルの色で判断されることもあります。
犯罪に巻き込まれる可能性が減り防犯性が高まるのも、黒のランドセルの利点と言えるでしょう。

黒のランドセルにもデメリットは存在。その対処法は?



デメリット1:個性を出せず、見分けがつきにくい


色とりどりのカラフルなランドセルと比べると、シンプルな黒のランドセルは少々個性に欠けます。
高学年には良いものの、新一年生にとっては地味に感じられるかもしれません。
また、見分けがつきにくいというデメリットも。並べて置いてあると、自分のランドセルがなかなか判別できなくて困るという口コミもありました。

 ⇒こうすれば解決:ランドセルカバーで個性をプラス


シンプルな真っ黒のランドセルに個性を出すには「ランドセルカバー」がオススメです。
最近は、デザイン性の高いオシャレなカバーが沢山出ています。透明タイプでランドセルに柄が浮かんで見えるもの、全く違うカラーのランドセルに見せるもの、などさまざまです。
カバーは飽きたら外すことができますし、暗い夜道で光るタイプもあるので、低学年のお子さんにピッタリですよ。

デメリット2 :華やかさに欠ける


女の子の場合、黒のランドセルだと華やかさがなく寂しいと感じる方も多いようです。
赤やピンクなど明るい色と比べると、質素で控えめな印象とも言えるでしょう。

 ⇒こうすれば解決:コンビカラーやバイカラーをセレクト


ランドセルは同じメーカーの同じ色味でも、男の子向けと女の子向けでデザインが分かれているものが多くなっています。女の子向けにつくられている黒いランドセルの中には、男女兼用で使えそうなシンプルなもの、マニッシュなランドセルもあれば、ハートやピンク、チャームなど可愛らしいモチーフがプラスされたものも多くなっています。
全体が黒でも明るめの色で縁どられたコンビカラーやバイカラーのデザインを選ぶと華やかですよ。黒をベースにカラフルなパーツを組み合わせた、マルチカラーのモデルを出しているメーカーもあります。

デメリット3:お子さんが気に入らない場合も


子ども達は小学校入学を前に、期待を膨らませています。
特にランドセルは特別なものです。本人が好きな色もあるでしょうし、こだわりが強いお子さんもいるでしょう。
大人の都合で「黒が格好良いからこっちにしよう!」と無理に押しきってしまうと、その後ずっとランドセルに対する不満を抱えたまま学校生活を過ごすかもしれません。

 ⇒こうすれば解決:お子さんの意見に耳を傾けながら提案を


就学前の男の子には「ピンクや赤のハートのついた女の子向けのランドセルが良い!」と言う子もいます。子どもの言うことはすぐに変わるので、希望を全て聞き入れる必要はありませんが、お子さんの意見を頭ごなしに否定することはやめましょう。

「本当だ!でもこっちのランドセルはもっと格好いいよ」
「赤のラインが黒に入っているのがカッコいいね!」

など傷つけないように提案してみてください。

男の子がどうしてもピンクが良いと言う場合にはピンクのランドセルカバーなどを買ってあげても良いですね。

ランドセルは長く使えるこだわりのカラーで!




年々、色々なカラーが増えランドセルの多様化が進んでいる昨今、ランドセルの色で友達にからかわれたりすることは少なくなっています。「女の子だから」「男の子だから」というのも親世代の古い考え方でしょう。

しかし、あまりに奇抜なカラーを選ぶとお子さん本人も後々、後悔することになるかもしれません。

子どもは経験が少ない分、視野が狭くなりがちなので「高学年になってからも本人がきちんと使えるのか?」ということを踏まえて、ある程度は親の提案やアドバイスも必要です。

それを考えると、黒のランドセルは安心してオススメできるカラーのひとつです! 他にも、ネイビーやキャメルなど落ち着いたカラーは高学年でも使いやすく人気がありますよ。

6年間使うランドセルを選ぶのは少し大変かもしれませんが、お子さんが後悔しないためにも素敵なランドセルを一緒に選んであげてくださいね。

羽倉の手づくりランドセル 人気の<ブラック>ラインナップ


2020年ご入学用モデルから、黒をメインにした羽倉のランドセルをご紹介いたします。

「エイジングコードバン」の<ブラック>は、馬革の艶と手ざわりも最上級




馬のお尻からつくられた最高級の革、コードバンをフラップ(かぶせ)に用いたハイグレードモデルです。使うほどに艶を増し、吸いつくような手ざわりも別格。フラップ以外の本体部分には、コードバンとの相性が良く上質なキップ牛革を使用しています。写真右隣のネイビーも遠目では黒に近いシックなモデルですが、ステッチカラーが紺の印象を強めています。

エイジングコードバンシリーズの詳細はこちら

エイジングの他、羽倉の革へのこだわりはこちら

エイジング総牛革で楽しむブラックの風格と革の味わい




羽倉らしいシンプルで飽きのこないデザインと、牛革の風合いをお楽しみいただける「エイジング総牛革」。

使い込むほどに革の風合いが変化していくので、6年間の相棒として、どんどん愛着が増してきます。ステッチアートもオプションでお選びいただけますよ。

エイジング総牛革シリーズの情報はこちら

エイジングのほか、羽倉の革へのこだわりはこちら

耐性牛革スタンダードの<ブラック>、おしゃれなアレンジカラーにも注目




エイジングモデルは色や風合いの経年変化が大きな特長になりますので、買った当時の発色を長く保ちたい方には、樹脂による色止めを施した「耐性牛革スタンダード」がおすすめ。本革のなめらかな質感を手軽に味わえますよ。

大定番<ブラック>は、糸色との組み合わせにもこだわっています。

カジュアルな服装にも合う、上品な<ダークグレー><ダークグリーン>も人気です!



耐性牛革スタンダードの詳細はこちら

<ブラック×チョコ>のツートンがさりげない耐性牛革ウイングチップ



英国シューズの定番デザインをランドセルに応用した「耐性牛革ウイングチップランドセル」の<ブラック×チョコ>がこちら。
ネイビーなど他のカラーとのコンビモデルに比べ、黒がメインのため引き締まった印象に。男の子にも女の子にも使いやすい、耐久性も考えられたランドセルです。

耐性牛革ウイングチップランドセルの詳細はこちら

白×黒がファッショナブル!耐性牛革コンビネーションの人気モデル






こちらは「耐性牛革コンビネーション」の<ホワイト×ブラック>。男女どちらのお子様でもシックにキマるモノトーンのランドセルです。リビングに置いた時も、インテリアにおしゃれに映えそうですね。

角度によって違った表情が楽しめる、ヨーロッパのオートクチュールブランドのようなデザイン。一部に人工皮革を採り入れ、軽量で丈夫なランドセルに仕上げました。

耐性牛革コンビネーションについてはこちら

 オール人工皮革の「はねかる」は、軽く優しい背負い心地




2020年モデルから登場した、羽倉唯一のオール人工皮革モデル「はねかる」。軽く柔らかく、傷や水にも強い加工を施しています。通学時間の長いお子さまや、軽やかに駆け回りたい元気なお子さまにオススメですよ。

はねかるの詳細はこちら

全国25カ所の展示会で、ランドセルを背負って、触ってみてください!


同じ黒でも、革の手ざわりや質感によって雰囲気が少し変わります。ぜひ、実際に展示会やショールームで実物をご覧になってくださいね。

会場ではスタッフが、皆様からのご質問に丁寧にお答えします!

 

実物が見られるショールーム・展示会のご案内

  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・展示会