ランドセルの疑問・質問

使用済みランドセルを寄付する方法は? 支援活動している団体や注意点

卒業後に使わなくなったランドセルをどうするか決めていますか?
記念として保管したり、リメイクして再利用するという方法もありますが、誰かの役に立つよう寄付するという方法もあります。
今回は、ランドセルで社会貢献する方法についてご紹介します。

使わなくなったランドセルを寄付すると、社会に貢献できる




お子さんが小学校を卒業すると、使わなくなるランドセル。処分を考えている方もいらっしゃるでしょうが、まだまだ使えそうなランドセルをゴミとして捨ててしまうのはもったいないですよね。

処分するのではなく、ランドセルを必要としている人に寄付することも検討してみてはいかがでしょうか?

どんな仕組み? どう役立つの?


ランドセルの寄付を受け付けて、海外の途上国に物資支援している団体があります。発展途上国の子どもの中には、経済的な理由から通学カバンを買ってもらえない子もいるのです。日本のランドセルは耐久性が高く、6年間使ったものでも丈夫でまだまだ使えるので、寄付すれば喜んで使ってくれます。

どんな国に届くの?


寄付されたランドセルは、カンボジアやアフガニスタンなど、東南アジアや中東、アフリカなどの途上国に送られ、子供たちの手に渡ります。支援団体によって届け先が異なりますので、寄付の先にご確認くださいね。

主な活動団体と、そこに寄付するメリット・方法




ランドセルの寄付を受け付けている主な団体と、それぞれの特徴や寄付の方法についてご紹介します。

国際協力NGOジョイセフ


ジョイセフは、女性のいのちと健康を守るために活動している国際協力NGOです。身の回りにあるもので女性支援をおこなっているのですが、その中のひとつがランドセル。「思い出のランドセルギフト」として、使わなくなったランドセルをアフガニスタンに寄贈し、ランドセルは子供たち、特に女の子の就学に役立てられています。

アフガニスタンでは教師や学校の不足、貧困などが理由で多くの子どもが学校教育を受けられずにいます。特に女子は早い結婚や、教育に対する理解が得られないことなどから、教育を受ける機会が少ないのが現状です。
そのようなアフガニスタンで、ランドセルを男女平等に配ることが、女の子の就学のきっかけになりつつあります。

ジョイセフでは、破損が激しいランドセル、豚革ランドセルは受け付けていません。ランドセルに取り付けたお守りや防犯ブザー等は取り外しておいてください。
海外輸送費としてランドセル1個につき1,800円寄付のうえ、ランドセルを横浜の指定倉庫宛てに送ってください。
ランドセル回収期間は春と秋の年2回となっています。

ジョイセフ公式サイト https://www.joicfp.or.jp/jpn/

ワールドギフト(国際社会支援推進会)


ワールドギフトは海外途上国への物資支援や、リユース・再資源化による収益の寄付、障害者・高齢者支援や幼稚園・保育園への物資寄付などをおこなっている団体です。

ランドセル寄付の流れは、次の通り。
まずお手持ちの段ボールに梱包して発送の準備をしておきます。それからメールフォーマットにて集荷依頼をしてください。依頼内容確認のメールが届きますので、内容に間違いがないか確認しましょう。

集荷の翌日中までに、料金の振込をしてください。料金は段ボールのサイズによって違うのですが、たとえば縦×横×奥行の合計が120cmまでなら2,400円です。ご希望の日時に宅配業者が集荷に来てくれますよ。

ワールドギフト公式サイト https://world--gift.com/

セカンドライフ


NPO法人グッドライフが運営するセカンドライフは、全国から集まった不用品をほぼ100%リユースしています。ランドセルは国内でリサイクルされる他、ヨーロッパや東南アジア、中東などに送られて活用されているそうです。

またセカンドライフでは、寄付1件につき途上国へのワクチン1人分が寄付されます。不要になったランドセルを寄付することで、ワクチン募金もできるというわけです。

セカンドライフでの寄付の流れは、まずランドセルを3辺合計が160センチ以下のお手持ちの段ボールに入れて、発送の準備をします。セカンドライフのサイトから段ボールのサイズを選んで申し込みをします。
料金は段ボールのサイズによって異なりますが、120サイズまでなら1,980円、160サイズまでなら2,480円です。振込確認後に専用伝票が届きますので、段ボールに貼り付けてください。ゆうパックに電話をすれば、希望の日時に集荷に来てもらえます。

セカンドライフ公式サイト https://www.ehaiki.jp/second/randoseru/

大手ランドセルメーカー


大手ランドセルメーカーの中には、使用済みランドセルを回収して、アフガニスタンに寄付する活動をおこなっているところも。毎年1月~3月頃に応募が開始され、集められたランドセルは検品後にアフガニスタンの子どもたちにプレゼントされます。

日本シリア連帯協会


トルコで難民になっているシリア人の子どもたちのために「シリアのために100個のランドセルを」キャンペーンがおこなわれています。募集時期についてはFacebookでお知らせされます。

日本シリア連帯協会公式Facebook https://ja-jp.facebook.com/JapanSyria2013/

寄付するときの注意点




各団体に寄付するときは、注意点を確認して送るようにしてください。主な注意点には次のようなものがあります。

ボロボロになったものは再利用できない


ランドセルを6年間使ったら、傷や擦れがあるかもしれません。それくらいなら大丈夫ですが、ベルトや金具が破損したようなものは再利用できません。送る前に大きな破損がないか、必ず確認しましょう。

宗教上の理由で豚革は送れない国も


アフガニスタンのように宗教上の理由で豚革のランドセルは送れない国もあります。豚革は主にかぶせの裏側に使われ、毛穴があるのが特徴です。ランドセルを寄付する団体によっては、豚革が使用されたランドセルを必要としていないところがありますので、事前に公式サイト等で確認しておきましょう。

受付団体までの送料は自己負担の場合が多い


ランドセルを寄付する際は宅配便で郵送することになりますが、送料は自己負担となることが多いです。また、それとは別に海外輸送経費の寄付が必要な団体もありますので、事前に確認しておきましょう。

無料で寄付することもできる?




ランドセルの寄付はしたいけれど、送料等の負担が気になる方もいらっしゃることでしょう。実は無料で寄付することもできますのでご紹介します。

携帯電話のソフトバンクやワイモバイルのショップでは、ランドセルを店頭に持ち込むことで寄付が可能です。寄付したランドセルは、ネパールの子どもたちの元に届けられます。毎日デコボコの山道を何時間もかけて通学するというネパールの子どもたち。ランドセルがあれば、通学が少しでも楽になるでしょうね。

寄付をご希望の方は、ソフトバンクのサイトから事前申し込みが可能です。ランドセルは使用後5年以内のもの、破損や落書きがないものに限られています。

近くにソフトバンクやワイモバイルのショップがある方なら、費用の負担なしに不要になったランドセルの寄付ができますよ。

ソフトバンク株式会社 愛のランドセル寄付プロジェクト https://www.softbank.jp/mobile/special/randsel/

ランドセルを寄付して子どもたちのために役立てよう




6年間使ったランドセルは、まだまだきれいで十分使えそうです。使わなくなったランドセルを処分するくらいなら、喜んで使ってくれる子どもの元に届けてあげたいですね。

簡単にゴミにせず、必要としている人に寄付する精神は、子どもたちにもいい影響を与えるでしょう。使い終わったランドセルの活用法をお子さんと一緒に考えてみてはいかがでしょうか。
  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・展示会
  • 2021年ご入学用無料ランドセルカタログ請求