羽倉のランドセル

近い色味のランドセル、外で並べてみると…!?【人気の羽倉色比較】

2021年ご入学用モデルに22色をご用意している、羽倉だけのランドセルカラー「羽倉色」(はくらいろ)。
革の魅力を存分に引き出せる色をデザイナーが選び抜き、皮革メーカーに特注して色付けしてもらったオリジナル素材を使用しています。

ランドセルの定番カラーにも、羽倉らしいこだわりがいっぱい。
王道をちょっぴりアレンジして個性を出せるカラーや、飽きずに長く愛していただける落ち着きのあるカラー、優しく柔らかな色合い、深みのある大人っぽいテイストなど、いろんな楽しみ方、味わい方のできる羽倉色が揃っていますよ。

お客様からは、「気になるこの色とこの色、並べて見比べたい!」というお声もよくいただいています。そこで今回は、テイストの近い人気カラーのランドセルを並べてご紹介しますね。

屋外で撮影していますので、ショールームやお部屋の中とは少し違った印象かもしれません。その違いもお楽しみください!

人気の羽倉色(はくらいろ)、自然光の下に並べてみました。


定番の赤系を大人っぽく! 深みのあるアレンジカラー
ダークレッド/ディープパープル/ダークオレンジ



左(手前)から、「耐性牛革スタンダード」ダークレッド/ディープパープル/ダークオレンジ

外に出て、自然光の下で撮影されたランドセルです。室内よりも明るく目に映るので、色の違いもわかりやすくなりますね。

逆サイドから見てみると……こんな感じ。



手前の<ダークレッド>は、深い赤味が大人っぽい、洗練されたカラー。<レッド>よりも落ち着きがあるぶん他の色と調和しやすく、お洋服に合わせやすいメリットも。オーダーランドセルでサイドカラーとして選び、メインカラーとのコントラストを楽しむのもおすすめです!

中央の<ディープパープル>は名前の通り「むらさき系」でもあるのですが、深みのある赤をアレンジした色でもあり、ワインレッドのような魅力を楽しめる人気色。光を受ける角度やシチュエーションによって、ランドセルの表情が鮮やかに変化しますよ。

そして奥の<ダークオレンジ>は、やわらかな温かい色合いと、洗練された大人っぽさがバランスよく共存するカラー。ショールームで実物をご覧になった保護者の皆様、特にお母様方からも絶大な人気! 「耐性牛革スタンダード」の人気TOP5にも入っている色です。

糸色が鮮やかに映えて、屋外では明るい印象にも。
「耐性牛革」のブラック/ダークグレー/ネイビー



左(手前)から、「耐性牛革スタンダード」ブラック/ダークグレー/ネイビー

こちらも同じく太陽光の下で撮った、黒とそれに近い色味の3色です。

左のランドセル、「耐性牛革スタンダード」シリーズの<ブラック>は糸色がブラウン。もともと黒はどんな色とも相性抜群のカラーですが、糸色の印象で堅くなりすぎず、カジュアルなファッションにもマッチしますよ。
もし、糸色も黒でシックに統一されたい場合には、<エイジングコードバン>のブラックがおすすめです。

中央の<ダークグレー>は、お客様から「外で見るとどんな印象になりますか?」とご質問を受けることの多いモデル。屋外でもお天気によって雰囲気が変わりますが、晴れた日に太陽を浴びると、このように明るく目に映ります!
カタログやWEBサイト上の写真とは随分違う印象ですよね。室内でも光の角度や明るさによって繊細な変化をみせるカラーです。


<ネイビー>の糸色にも、デザイナーのこだわりが込められていますよ。
室内で遠くから見た時には黒に近い印象も受ける<ネイビー>なんですが、明るいブルーのステッチが、このように外で見ると鮮やかに映えます。
下の写真でお分かりいただけるでしょうか。背あての黒色に対しても、ブルーの糸色が素敵なアクセントになっています。




「耐性牛革スタンダード」の場合、<ダークグレー>の背あてカラーはホワイト、<ブラック><ネイビー>の背あてはブラックになります。逆サイドから見た時の印象もそれぞれ違いますね。

ちなみに、<ブラック><ネイビー>ワンカラーのランドセルをご希望で「背あての色だけ変えたい!」という場合には、オーダーランドセルでメインとサイドに同じ色を選び、背あてカラーを基準色から変更する形で実現できますよ。

ほっこりビタミンカラーを集めてみました!
イエロー/キャメル/オレンジ/ライム



左上から時計まわりに、「はねかる」ライム/「耐性牛革スタンダード」のオレンジ/イエロー/キャメル

「羽倉ならではの色ですね」「こんな色を探してました!」とお褒めいただくことも多い、羽倉の大人気色<イエロー>。近年すっかり定番カラーになった、こちらも安定した人気の<キャメル>。それぞれ近い色味のランドセルと一緒に、4つ並べてみました。

違う角度から見てみると……

左から時計まわりに、「耐性牛革スタンダード」のオレンジ/イエロー/キャメル、「はねかる」ライム

光の加減やちょっとした影で、それぞれ少しずつ違ったニュアンスになりますね。
特に耐性牛革の<オレンジ>と<キャメル>は、おひさまの下では明るいビタミンカラー、日陰では少し落ち着きのある濃い色味に見えるのではないでしょうか。


「はねかる」と「耐性牛革スタンダード」では、かぶせのヘリ(ふち)部分の仕上げ方も異なります。
同じ色の薄い革を巻く「ヘリ巻き」仕上げの「はねかる」は、少し丸みを帯びた、かわいらしい印象に。ニスを塗り重ねて磨く「コバ塗り」仕上げの「耐性牛革スタンダード」は、スマートですっきりとした雰囲気ですよ。

カラーパレットから、気になる色系統のランドセルをチェック!


今回は3パターンの並びで、人気カラーを比べてみました。
もちろん、羽倉色のバリエーションは他にもたくさん!
今後のコラムでも、色味を見比べられるランドセルの写真をご紹介していきますね。


「カラーパレットから選ぶ」のページでは、お好きなカラー系統をクリックしていろいろなラインナップをご覧いただけますよ。
下へスクロールしていただくと、オーダーランドセルの組み合わせサンプルも表示されます。ぜひ気になるカラーを見比べて、ご参考になさってくださいね!

  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・取扱店舗
  • カタログ請求受付中