お手入れ・修理

牛革ランドセル、正しいお手入れで水や傷から守ろう

落ち着いた風格があり、使えば使うほどに風合いが出て、体になじむ牛革のランドセル。そのほかの牛革製品よりも汚れや傷に強い加工がなされていますが、やはりよりよい状態で使いたいですね。6年後も使うことができるように、正しいお手入れ方法をマスターしておきましょう!

ランドセルの素材についておさらい


ランドセル 傷

ランドセルの素材はクラリーノ(人工皮革)のシェアが一番高く、次いで牛革となっています。その他には希少価値のある最高級品とも言われるコードバン(馬革)もあります。

牛革とコードバンは高級感があって丈夫で、使い込むほどに味が出るため品質を求める方にはおすすめの素材。ただ、クラリーノに比べるとやや重く、水に弱いというデメリットがあります。一方、クラリーノは傷には弱いですが、お手入れが簡単で軽く、豊富なカラー展開やデザインが魅力です。

知っておきたい!牛革のお手入れ方法とは?


ランドセル 傷

高級品として長年にわたり根強い人気を誇る牛革ランドセルのお手入れ方法について詳しくご紹介します。

水に濡れた時のお手入れ方法


牛革は水に弱いため、雨や汗でランドセルが濡れた場合にそのまま放置すると、シワやひびわれを起こす可能性があります。もし水に濡れた場合は、柔らかい乾いた布でしっかり拭き取り、自然乾燥させましょう。ドライヤーやヒーターで乾かしたり、直射日光にさらしたりするのは変形する恐れがあるため、絶対に避けて下さいね。

また、水に濡れないように雨の日はランドセルにカバーを付けたり、夏場は背中用の汗取りパッドを取り付けておくのも一つの方法です。ただし、濡れたカバーやパッドをそのまま付けたままにしておかず、取り外して風通しの良いところで乾燥させておくことを忘れないで下さいね。

日頃のお手入れ方法


水に濡れなかった日でも、毎日ほんの少しお手入れすることで、ランドセルを良い状態で使い続けることができます。

  • 乾拭き、ブラッシング・・・表面についたホコリや汚れを拭き取る

  • 皮革用クリーナー・・・付着した汚れを落とす

  • 保革油(クリーム)・・・革を柔らかくしたり、ツヤがよみがえらせたりする効果がある

  • 防水スプレー・・・撥水効果がある


乾拭きやブラッシングは毎日行うのが理想ですが、それ以外は必要な時や週に1~2回程度で十分です。ただし、商品によってはあらかじめ撥水加工などが施されている場合もあるため、付属の説明書で確認してから適切なお手入れをして下さいね。

ランドセルの中の掃除も忘れずに


傷や汚れなどランドセルの表面ばかりに目がいってしまいがちですが、ランドセルの中もチェックしましょう。教科書など中身を全部出してみると、小さなゴミやホコリが結構たまっているんですよ。ブラシなどでやさしくかき出して下さいね。

また、鉛筆などの汚れで黒ズミが見られることもあります。消しゴムで消せない場合は、住居用洗剤(中性洗剤)を付けた布で拭き取った後に、乾いた布で水分をよく拭き取っておきましょう。その後は風通しの良いところで自然乾燥させて下さい。

ひびわれや傷!自宅で補修はできる?


ランドセル 傷

ランドセルをあまりお手入れしていなかった場合は仕方ありませんが、革のランドセルは天然素材のためどうしても個体差があり、商品によってはトラブルが発生することがあります。そのような場合に自宅でできる補修方法についてご紹介します。

ひびわれ、しわ


元の状態に戻すことはできませんが、保革クリームを塗ることを繰り返して革を柔らかくしてていけば、少しずつ目立たなくなってきます。ただし、柔らかくなり過ぎるのはランドセルの機能としては不向きなので、様子を見ながら行って下さいね。

かぶせの折れ


ランドセルのかぶせ(フタ)が折れたりめくれたりした場合は、蒸しタオルで革を少し湿らせて折れと反対側に巻いてしばらく放置し、元に戻して平らになったところで本などの重しをのせて固定して下さい。

小さな傷


皮革用クリーナーと革製品専用スポンジを使って軽く叩くように傷部分に塗り、乾いた柔らかいタオルで拭き上げましょう。また、革専用の補修用マニキュアを使用し、傷を隠すのも一手段です。もっと簡単に補修するなら、油性マジックペンで傷を目立ちにくくさせるという方法もありますが、十分注意して行って下さいね。

自宅補修の注意点


まずは付属の説明書で確認することを徹底して下さい。適切な補修方法や注意点が記載されている場合があります。心配な方は、メーカーへ問い合わせて有効な方法を教えてもらいましょう。また、保証書も必ず確認して下さいね。6年間保証があれば、無償で修理してもらえることもあります。

まとめ


ランドセル 傷

日頃からお手入れしていても、傷や汚れが付いてしまうことはあります。大きくて目立ちすぎない程度であれば、それはそれで個性の一つ。使えば使うほどに味が出る牛革の魅力と相まって、きっと愛着がわいてくるはずですよ。無理のない範囲でランドセルのお手入れを心がけ、6年間心地よく使い続けられるといいですね!
  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・取扱店舗
  • カタログ請求受付中