ワンポイントアドバイス

ランドセルが壊れた時はどうする? 修理の流れや期間、有償になるケース

入学から6年間、ほぼ毎日使うランドセル。ほとんどのメーカーや工房で6年間無料保証がついていますが、もし壊れてしまった時はどのような流れで修理を依頼すればよいのでしょう?
この記事では一般的なランドセル工房・メーカーでの修理の流れや期間、有償になるケースなどについてご紹介します。

ランドセルが壊れた!どうすればいい?




「ランドセルが壊れてしまった」または「今にも壊れそう」というとき、6年間無料保証がついていれば、保証対象外でない限り無償で修理してもらえます。

まずはメーカーに修理対応を確認


ランドセルの修理を依頼するときは、まずメーカーに修理の問い合わせをします。電話をかける前に保証書を用意しておくとスムーズに伝えることができるでしょう。

保証書がなくても、購入先や時期が分かれば大丈夫


保証書を紛失してしまっても対応してもらえるメーカーが多いので、諦めずに確認してください。その場合は購入先や購入時期、ランドセルのモデル名や型式などの情報を伝えられるように準備しておきましょう。

修理の流れ




保証期間内の修理に関しては、一般的に次のような流れになります。

代替ランドセルが届く


ほとんどのランドセルメーカーでは、修理期間中も子供がランドセルを背負って学校に通えるよう、代替ランドセルを用意してもらえます。そのため代替ランドセルが届いてから修理が必要なランドセルを発送するという流れを取っているメーカーが多いです。

購入店に持ち込む場合は、その場で代替ランドセルを用意してもらえるメーカーもあります。しかし必ず在庫があるわけではないので、確認しておいた方がよいでしょう。

また修理内容によっては短期間で完了しますので、その場合は代替ランドセルがない可能性もあります。

修理してほしいランドセルを送る


修理が必要なランドセルは、メーカーの指示に従って送りましょう。ほとんどの場合、代替ランドセルと交換するかたちで発送します。送る際の送料はメーカー負担のところもあれば、お客様負担というところもありますので確認しておきましょう。有償修理になる場合は、ほとんどのメーカーがお客様負担となっています。

ランドセルに防犯ブザーやキーホルダーを付けている場合は、全て取り外してから送るようにしましょう。

戻ってきたら、代替ランドセルを返送


修理したランドセルが戻ってきたら、代替ランドセルは返送してください。

修理にかかる期間はどれくらい?




修理の内容によって修理期間は異なります。簡単な部品交換ならあまり日数はかかりませんが、大掛かりな修理になると長期間かかることも。

主な修理にかかる期間の目安をご紹介します。ただしメーカーによって修理にかかる期間は異なりますので、お問い合わせ時にご確認ください。

例1.肩ベルトが切れそうなとき


肩ベルトはランドセルの重量がかかるので、切れてしまうことがあります。切れる場所は付け根の部分が多く、ベルトの穴が広がって亀裂が入り、そこからちぎれてしまうことも。

修理の目安期間は3週間~1ヵ月程度となっています。肩ベルトが切れてしまうとランドセルは使えませんので、すぐ修理に出しましょう。

例2.自動ロックが壊れて閉まらないとき


自動ロックは手動の錠前よりも壊れやすいです。砂などが入ってしまったときや、無理な力を加えたことなどが原因で壊れることがあります。自動ロックの修理には、2~3週間程度の期間がかかるでしょう。ロックがしまらないと教材が飛び出したり、かぶせが揺れてお友達に当たったりする可能性がありますので、必ず修理しておきましょう。

例3.かぶせのコバの剥がれ・へり巻きのほつれ


高学年になると、かぶせのコバの剥がれやへり巻きのほつれが気になるかもしれません。見た目が気になる方は修理を依頼してはいかがでしょうか。修理にかかる期間は3日~1週間程度となっています。へり巻きの修理は本体から外して縫い直す必要がありますので、コバの剥がれの修理よりも時間がかかります。

例4.ナスカンが壊れたとき


ナスカンが壊れてしまった場合は交換となりますので3日程度の修理期間となります。店頭に持ち込めば、すぐ対応してくれるケースもありますので、問い合わせてみてください。

例5.背カンが壊れたとき


ランドセルの本体と肩ベルトをつなぐ「背カン」も負担がかかるので壊れやすいパーツです。動きが鈍くなったり、割れて背負えなくなってしまうこともあります。

背カンの修理の目安は3週間~1ヵ月程度です。

どこまでが無償修理の範囲?


保証期間内ならどんな故障でも無償で修理してもらえるわけではありません。無償修理の対象外となるケースもありますので、確認しておきましょう。

主な工房・メーカーの例


無償修理の範囲はほとんどの工房・メーカーに共通しています。理由に関わらず無償修理をおこなってくれる工房もありますが、故意や不注意による故障は対象外となるケースがほとんどなのでご注意ください。自然災害や火災による消失も対象外とされることがあります。

具体的にはマジック等での落書き、刃のとがったものでつけた傷、壁などでのすり傷、踏みつけたり上に乗ったりしてつぶれたもの、転んだりひっかけたりしてできた破れなどが対象外となっています。

送料は自己負担になることも


修理は無償でも、ランドセルを送るときの送料をどちらが負担するかについては、メーカーや工房によって異なります。往復とも負担してくれるところもあれば、送るときだけは自己負担しなくてはいけないところも。また、代替ランドセルを借りた場合は、返却時の送料が自己負担になるメーカーもあります。

いざという時に備えて!知っておきたい注意点




「ランドセルが壊れてしまった」というときのために、ランドセル修理に関して知っておきたい注意点についてご紹介します。

1.代替ランドセルが用意されないケースもある


短期間で修理可能な場合は、代替ランドセルが用意されないことがあります。その場合はリュック等で通学することになりますので、保護者から学校へ連絡して事情を伝えておくようにしましょう。

2.時期によっては通常より長く待つ場合も


ランドセルの修理にかかる期間は目安なので、実際には通常より長く待つことになる場合もあります。たとえばランドセル製造の繁忙期や夏休みなどの長期休暇中は、通常の目安期間よりも日数がかかることがあるようです。

ほつれなど修理を急ぐ必要がない場合は、長くかかってもあえて長期休暇中に修理に出すという手もありますよ。

3.代替ランドセルの色は指定できないことが多い


代替ランドセルの貸し出しは、色の指定ができないことが多いです。「今使っているランドセルと同じ色がいい」「せっかくなら違う色を使ってみたい」といった希望があるかもしれませんが、色やデザインは選べない場合がほとんどなので理解しておきましょう。

羽倉の場合


羽倉のランドセルも、お子さんの入学の年の4月1日から6年間保証がついていますので、損傷や故障があった場合は無償で保証します。

しかし、「落書き」「カッターなどによる傷」「踏む、乗るなどしてつぶれたもの」「転んだりしてできた傷や破れ」といったお客様による故意の損傷、故障の場合は有償になる場合がありますのでご注意ください。


まずはメーカーに相談を!




毎日使うランドセルが壊れてしまうと慌てますよね。「無償で対応できるのか?」「修理にどのくらいかかるのだろうか?」と不安になるでしょうが、まずは購入したランドセルのメーカーに相談してみましょう。修理期間が長引く場合は、ほとんどのメーカーで代替ランドセルの貸し出しがありますので安心です。

また、ほとんどのメーカーが故意による故障や損傷については有償としています。つい傷が入ってしまうことはあるでしょうが、「ランドセルに乗らない」「落書きしない」といったことをお子さんと再確認しておかれてはいかがでしょうか。
  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・展示会
  • 2020年ご入学用無料ランドセルカタログ請求