ワンポイントアドバイス

年中さん必見!納得のランドセル選びをするためのラン活のコツ

みなさん、こんにちは。羽倉ショールームの宮嶋です。
年々早期化されているという「ラン活」。最近は○○活ということばをよく耳にするようになりましたね。
ラン活とは、ランドセルの購入活動のことを指しています。

今回は年中さんを対象に、年中から始めるラン活についてご紹介します。

早まるラン活とランドセルの売り切れ




私の経験からすると、7、8年前なら、ランドセルを買う時期は年長さんの夏から秋というのが多く、春に購入した人はすごく早いというイメージでした。
そこから数年でラン活なるものが加速し、5年前には、夏休みには売り切れるランドセルがチラホラ出てくるように。
そして、この数年で5,6月で売り切れのランドセルが続出、またラン活も夏休みには終了しているという方がかなり多くなってきました。
もちろん、今でも年長さんの3月までランドセルを買うことはできます。特にランドセルにこだわりがない場合は、急いで買う必要はなく、割引になるころに上手にお買い物するという手もあります。

羽倉の手づくりランドセルのアウトレット販売について詳しくはコチラ>>

では、ランドセルにこだわりたいという方はどうしているか?
年中さんからラン活を始めている方が多い感触です。というのも羽倉の手づくりランドセルでは、Instagramで公式アカウントをもっているのですが、年中さんの秋ごろからフォロワーさんになってくれている方が多いのです。
人気のランドセルは売切れが早く、年長さんの春から考えていたのでは、希望のランドセルが買えないこともあるからでしょうね。

年中さんのラン活)STEP1:カタログ請求




では、具体的にどんな行動をしていけばよいのでしょうか?

ラン活の第一歩は、カタログ請求です。
これまでランドセルの各社カタログは、年長さんになるころに取り寄せるものでしたが、昨年(2017)から年中さんの秋からカタログ請求受付の開始を始めた会社がありました。それをきっかけに、今年(2018)は多くの会社が年中さんの秋に相当する時期からカタログ請求受付を始めました。

先輩ママからランドセル情報を聞いたりして、すでに気になるランドセルがある場合には、そのお店のサイトからカタログ請求をしてみましょう。多くの方は、ランドセルがいっぱいあってどれがいいかわからない……という状況かと思うので、インターネットで「ランドセル カタログ請求」と検索してみましょう。そしていくつかのサイトを見て気になるランドセルを見つけたらカタログ請求を!!
「一括でランドセルのカタログ請求ができる」というサイトもありますが、実際は1社ずつ住所等の情報入力が必要になります。

年長さんの春には、カタログ請求が終了する工房もありますので、早めの行動がオススメです!

羽倉の手づくりランドセルカタログ請求はコチラ

年中さんのラン活)STEP2:お気に入りのランドセル探し




カタログ請求をしても、実際にカタログが届くのは年長さんの春ごろです。それまでかなり時間があるので、気になるランドセルはお子さまとインターネットを見たり、ショールームへ見に行ってみるのも良いですよ。
その時に「絶対このランドセルが欲しい!!」というランドセルが見つかったら?
そのランドセルが定番のカラーやデザインの場合には急ぐ必要はありません。きっと来年も販売されるはず。
問題は、お気に入りのランドセルが他にないカラーやデザインだった場合です。ランドセルは、お子さまの人気色や好みの変化により少しずつモデルを変えていく会社が多いのです。今年のモデルが来年も販売されるか?それは来年の春までわかりません。
どうしてもこのランドセルじゃなきゃ!という場合には、年長さんになるのを待たず年中さんの内に購入しておくのも手です。ただし、年中さんでの購入の場合、6年間保証が5年生で終わってしまうことや、ランドセルのサイズや機能が変わることもあるので、そこも考慮して検討するようにしましょう。
ちなみに、この数年での変化は、工房系でオートマチック錠の取り扱いが始まったことや、A4フラットサイズ対応になったことです。

年中さんのラン活)STEP3:カタログを見てランドセル選びを楽しもう♪




カタログが届いたら、お子さまと一緒に「あれがいい!これがいい!」とランドセル選びを楽しみましょう。お気に入りのランドセルのページを開いて、いろいろ見比べてみると、ランドセル選びで重視したいポイントが見えてきますよ。軽さ・カラー・デザイン・ブランドなど、みなさんこだわるポイントは様々です。

通常、カタログにはランドセルのショールームや展示会の案内が掲載されています。お住いの近くで見に行けそうな場所があれば、スケジュールを立てておきましょう。春は、日曜参観や運動会など、土日に幼稚園のイベントがあったりもするので、第2候補日までメモしておくとよいですよ。

年中さんのラン活)STEP4:ショールームや展示会で実際に背負ってみよう




お子さまの体系に個人差があるように、同じランドセルでも背負う子によって背負いやすさは異なります。お友達にはすごく合うランドセルでも、わが子に合うとは限りません。少し重さがあるようでも、実際に体にフィットするランドセルはとても楽に感じるので、最終的には背負ってから決めるのがオススメです。また、カラーもカタログやパソコンで見る色とは少し異なる場合が多いので、実物で確認できるとよいですね。

お子さんがランドセルを背負ったら、写真を撮っておきましょう!どのランドセルにするか迷った時に役立ちますよ。

年中さんのラン活)STEP5:ランドセルの決定




いよいよ年長さんになったころ、ランドセルを決める時期がやってきます。
特にこの時期、女の子の好みはよく変わります。少し前までピンク大好きだった子が、ピンク嫌い!水色がいい!!なんてことも。

ランドセルは受注生産のところが多く、一度購入すると途中で色やデザインを変更することはできません。好みが変わりそうなときは、定番色を選び、手提げかばんや体操服袋、ランドセルカバーなどでお子様の好きな色を取り入れてあげるのもよいですよ。また、小学校によってカラーの傾向が異なるようなので、通学される校区のお兄ちゃん・お姉ちゃんのランドセル姿をお子様と一緒に見るのもオススメですよ。

お子さまとご家族が気に入ったとっておきのランドセルを探せますように。

ぜひ、ラン活を楽しんでくださいね♪