ランドセルの疑問・質問

納得のランドセル選びを!展示会やショールームでの確認ポイントは?

ランドセルを見比べて選ぶなら、展示会やショールームに行ってみるのがおすすめ!実際に手に取って選べるので、カタログの写真だけではわからない質感や背負い心地まで体感できますよ。展示会の開催時期やチェックすべきポイントをご紹介していきます。

ランドセル展示会ってどんなもの?




ランドセルの展示会には、複数のメーカーが集まっておこなわれる合同展示会と、ショールームでおこなわれる単独の展示会があります。実物を見たり触ったりして、気に入ったランドセルを見つけるチャンスです。スケジュールをチェックして、ぜひご家族で行ってみてはいかがでしょうか?

複数のメーカーを見比べできる!合同展示会


ランドセルはどこのメーカーにしようかと悩んでいる方におすすめなのが、合同展示会です。複数のメーカーが集まって展示会がおこなわれますので、比較しながら選ぶこともできますよ。

5月~7月にかけて、複数の合同展示会が全国主要都市にて開催されています。開催日はいずれも土日祝日で、3~12社が出展します。

予約制となっていますので、希望日・時間帯を早めに申し込んでおきましょう。

お目当てのメーカーが決まっているなら単独展示会へ


気になるランドセルメーカーがある方なら、単独展示会に行ってみてはいかがでしょうか。イベントスペースを貸し切って展示会がおこなわれる場合は予約が必要なケースもありますので、早めに日程を調べておきましょう。

開催時期は一般的に59月で、中でも集中するのが6月~7月です。予約不要の展示会も多いですが、混雑する時間帯は入場制限されることもありますので、時間に余裕を持って出かけましょう。

また、ショールームがあるメーカーなら、都合がいい日に見に行くことができます。土日は混み合うことが多いので、平日を選ぶと比較的ゆっくり見ることができるでしょう。気になるメーカーがあれば、定休日や営業時間を調べておきましょう。

最近では「ラン活」という言葉があるくらい、ランドセル選びが過熱しています。特に工房系ランドセルは年々完売する時期が早まっています。カタログ請求が4月に受付終了になったり、店舗での展示会が早い時期(45月頃)におこなわれたりする工房もあるそうです。気に入ったランドセルが売り切れということのないよう、スケジュールは早めにチェックしておきましょう。

ランドセルの展示会に行くメリット



実物を見ることができる


展示会の醍醐味は何といっても実物を見れることです。カタログと実物では色の印象が違うこともあります。お子さんにとってはランドセルの色って大切ですよね。展示会に行けば、気に入った色のランドセルを見つけることができるでしょう

また、ランドセルの素材の風合いもカタログの写真ではわかりにくいです。展示会で実際に見て選べば、購入した後に「思っていたのと違った」という後悔がないでしょう。

実際に背負える


ランドセルの素材選びについて悩む方は、展示会でぜひ実物の質感や重さを体感してみましょう。

牛革やコードバンといった天然皮革にしたいけれど、重さが心配という方も多いのではないでしょうか?しかし、実際に背負った時に感じる重みはカタログに記載されている重量どおりというわけではありません。

ランドセルの重量は気になりますが、背負ったときに軽く感じる背負い心地のよいランドセルは、肩や腰への負担も少ないです。

カタログを見ただけでは分からない、ランドセルの背負い心地。実際にお子さんが背負ってみることで、快適なランドセルを見つけることができます。

見比べることができる


単独の展示会なら、そのメーカーのモデルを見比べて気に入ったものを探すことができます。また、合同展示会ならさまざまなメーカーの見比べが可能です。その場ですぐに予約しなくても、じっくり検討してから後日ネット注文することもできるでしょう。

相談することも可能


真剣に選べば選ぶほど、ランドセルに関する疑問が頭に浮かぶはず。しかし、なかなかランドセルの知識が豊富な人に話を聞く機会がないですよね。

ランドセルに関する疑問がある時、展示会に足を運べば、疑問が解決するだけでなくアドバイスももらえて、ランドセル選びがスムーズに進むでしょう。

遠方のランドセル工房が出張してくれることも


職人による手作りが魅力のランドセル工房。憧れの工房があるけれど、家から遠いので実物を見ずに購入を決めなくてはいけないと思っている方も多いのではないでしょうか。

ランドセル工房の中には、出張展示会をおこなうところもあります。これなら近くまで出張してくれたときに、実物を見に行ってから購入するか決めることができるでしょう。

職人さんが同行する工房もありますので、直接お話を聞くことも可能です。長年ランドセルを作り続けている職人さんの話はきっと参考になるでしょうね。

展示会限定特典があることも


展示会では値引きやプレゼントなどの購入特典がつく場合もあります。親にとって値引きはありがたいですし、プレゼントがあればお子さんは大喜びでしょう。

展示会に参加する前に、特典の有無や内容を調べておいてはいかがでしょうか。

また、展示会限定モデルがあることも!普段は店舗限定として販売されているモデルが展示会で販売されることもあります。WEBサイトからは購入できないモデルなので、特別感も大きいでしょう。

展示会に行く前に確認しておきたいこと




展示会は、たくさんのランドセルの中からお気に入りを探す絶好の機会ですが、事前に何も決めていなかったらかなり迷うかもしれません。

合同展示会は予約制となっていて、時間帯も決められていますので、事前に次のようなポイントを確認しておくと、当日は効率よくランドセル選びができるでしょう。

色の系統


気になる色やデザインを選んだら、展示会に出展する店舗のカタログやホームページをチェックして、当日見たいランドセルをピックアップしておきましょう。

サイズ


A4クリアファイル対応とA4フラットファイル対応では、ランドセルの横幅が約1~1.5cm違います。入学する小学校ではどちらのファイルを使用するか確認しておいた方がよいでしょう。

予算(肩ベルトの付け根)


ランドセルの値段は幅広いです。祖父母からの入学祝いになることも多いので、あらかじめ予算を確認しておくと、その範囲内で気に入ったものを探すことができますね。

なるべく避けたい!展示会の混雑時間


ランドセルの展示会は混雑することが多いです。ホームページに例年混雑しやすい時間帯を掲載しているランドセルメーカーもありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

展示会でのチェックポイント



素材・色・フィット感


素材の質感や色の印象、背負ったときのフィット感を確認したら、カタログに気になったことをメモしておきましょう!色の微妙な違いもありますので、感想を書き残しておくと後から思い返すことができます。

部品や作り


ランドセルは6年間背負って通学するものなので、強度が気になりますよね。壊れたり型崩れしたりせず、きれいなまま小学校を卒業できるように、耐久性を確認しておきましょう。

特に背カン部分(肩ベルトの付け根)は、故障の多い箇所であり、故障するとランドセルが使えないので要チェックです。

展示会では実際に見たり触ったりできますので、ある程度は部品の材質や頑丈さを確認できますが、補強材や耐久性アップのための工夫などについては見てもわかりにくいですよね。展示会に行けば実際にメーカーの方に質問できますので、耐久性を確認しておくと安心です。

売り切れの早い人気商品


ランドセルの購入時期は年々早くなる傾向なので、人気商品が気になる場合は販売開始日を調べて早めに購入しましょう。販売開始日はWEBと店舗で異なる場合もありますので注意してくださいね。

展示会で即日完売というモデルもありますので、展示会出展ランドセル以外でも気になるモデルがある場合は、展示会前に見ておくことをおすすめします。

背負った写真を撮っておく


展示会では、たくさんのランドセルに触れたり背負ったりすることになるでしょう。そのため家に帰って検討しようと思っていたら、記憶が曖昧になっている可能性もあります。

後からでも思い出せるように、お子さんがランドセルを背負った写真を撮っておきましょう。写真はできれば前・後ろ・横の3通りを撮影しておくと分かりやすいです。特に横からの写真はフィット感が分かるため重要です。

子どもの感想をメモしておく


ランドセルを背負うたびにお子さんの感想をメモしておけば、展示会後にも見当が可能です。最も背負いやすかったランドセルや、一番色が気に入ったランドセルなど項目を決めてと点数をつけるのもよいでしょう。

お気に入りを探すために!ランドセル展示会に行ってみよう




色やデザインがお子さんの好みというだけでなく、背負い心地が快適なランドセルなら安心ですよね。そのためには、実物を見て、背負ってみるのが一番です。6年間大切に使うものなので、ぜひ展示会やショールームで実物を手に取ってから購入を決めてはいかがでしょうか。
  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・展示会
  • 2020年ご入学用無料ランドセルカタログ請求