羽倉のランドセルづくり【1.革の検品・裁断】

【1枚の革からランドセルが完成するまで】の製作工程の様子を5つの動画でお届けします。


450もの複雑な工程を重ねて、皆様ご存知のランドセルの形になっていきます。

熟練の職人によるランドセルづくりを、すみずみまでご覧ください。



◆1.革の検品・裁断


 

革の検品


 

まずは革の血筋、傷、シミ等がないか確認して 使える箇所・使えない箇所のチェックをします 。
表側はフィルムが貼ってあり綺麗に見えるため、 裏側の方が傷やシミを見つけやすいです 。

 

革の裁断


 

革の裁断 ・事前に革が丸まっていないか、刃が悪くなっていないかなどを 入念にチェックしてから裁断へ。
革の上に抜型を置いて、「プレスマシーン」を押し当て
クッキーの型抜きのようなイメージで裁断します 。

実際のサイズよりひと回り大きく抜く「粗抜き」はモノづくりの基本。
大きめで裁断し加工、最後に仕上げのサイズで抜きます。