ワンポイントアドバイス

【女の子版】ランドセル対応レインコートやポンチョをおしゃれに着こなそう!

小学生になると、レインコートはランドセルを背負ったまま着られるタイプが便利です。服だけでなく、ランドセルも濡れないので、雨が強い日でも安心ですよ。

今回は小学生の女の子向けレインコートの選び方やおすすめのタイプなどについてご紹介します。

通学時のレインコートやポンチョ、メリットは?




小学校入学時にレインコートやポンチョを用意するご家庭も多いことでしょう。雨天の通学時にレインコートやポンチョを利用するメリットについて見ていきましょう。

傘よりも安全


通学時の傘は「視界が狭くなる」「手がふさがる」など、危険な面もあります。そのため学校によっては低学年に傘を禁止しているところもあるほどです。レインコートなら前が見やすいですし、両手が開くので傘よりも安全です。

バランスを崩さない


風が強い日は、傘が風であおられてバランスを崩してしまう可能性もあります。レインコートなら風が強くても安全です。

雨の日のオシャレが楽しめる


女の子用のレインコートやポンチョには、可愛いデザインのものがあります。まるでワンピースのようなレインコートもありますので、雨の日限定のオシャレが楽しめるのもレインコートの魅力です。

ランドセル対応コート・ポンチョの上手な選び方




画像引用元:【arisana】https://item.rakuten.co.jp/arisana/12ah05/

レインコートは袖があるので動きやすいことが魅力です。体にフィットしているので、風が吹いてもめくれません。傘と併用する場合でも、レインコートなら袖があるのでめくれ上がってくることもなく持ちやすいでしょう。

スナップが固いものもありますので、お家で練習しておくと安心です。レインコートを自分で着る練習もしておくと、学校の帰りに雨が降り出したときも、ひとりで着られるでしょう。

着やすさ重視ならポンチョ




画像引用元:【E-TIMES】https://item.rakuten.co.jp/e-times/wpc-08/

ポンチョは頭からかぶるだけなので、低学年でも簡単に着ることができます。学校の帰りに雨が降ってきても、ポンチョなら着るのも簡単です。また、袖がないので、手荷物も一緒にポンチョの内側に入れて、雨から守ることができるというメリットもあります。

足元までガードするなら上下セパレート




画像引用元:【Sutetekonet】https://item.rakuten.co.jp/suteteko/202123/

雨の日は、ふくらはぎに泥が跳ね返ってしまうこともあります。ズボン派の女の子なら、服が汚れてしまうこともあるでしょう。上下セパレートのレインコートなら服全体を覆ってくれるので安心です。

レインコートを選ぶときや着用時、安全のために注意しておきたいこと



明るい色を選ぶ


雨の日は昼間でも薄暗く視界が悪いので、車を運転している人や自転車に乗っている人が気づきやすいように明るい色のレインコートを選ぶことが大切です。

目立つ色といえば、まず黄色が挙げられます。1年生がつけている黄色いランドセルカバーも目立ちますよね。

 

黄色以外なら水色やピンクなどの明るい色も目立ちます。お子さんが好きな色の中から明るい色を選んでみてはいかがでしょうか。反射材がついたものも安心です。

フードは顔周りが透明なものを


顔や髪が濡れないようにフードを深くかぶると、視界がかなり悪くなって危険です。フードの顔周りが透明になっているものを選べば、深くかぶったときも広い視界を確保できて安全です。

サイズは大きすぎないものを


レインコートはすぐに着られなくなったらもったいないので、大きめのサイズを買うご家庭が多いです。しかし、大きすぎると裾や袖が長すぎて動きにくいかもしれません。

小学生の子供を持つパパ・ママの声を参考にすると、実際の身長より10~20センチ大きいサイズを選ぶ方が多いようです。その程度なら大きすぎるということも少ないようですが、何年も着られるように大きすぎるサイズを選ぶと動きにくいでしょう。

ちょうどよいサイズになる頃には劣化したり、子供の好みが変わっているかもしれません。サイズは大きすぎないものを選ぶようにしましょう。

フードや裾が引っかからないように注意する


雨がやむと、フードを脱ぐこともあるでしょうが、フードが遊具等に引っかかると後ろに転倒して危険です。注意しておくようにお家でも確認しておきましょう。

また、レインコートの裾がドアに挟まると危険なので注意が必要です。フワッと広がるポンチョは特に注意しておきましょう。

母娘で一緒にお気に入りを探そう




学校によっては、低学年の傘の使用を禁止されているところもあります。そのような規則がある学校なら、入学前にレインコートの準備が必要です。


また、雨でもほとんどの子どもがレインコートを使用しない学校もあります。しかし、普段レインコートを使わない場合でも、校外学習や林間学校などの宿泊体験時は持ち物にレインコートが含まれていることが多いです。

女の子は機能性だけでなくデザインも気になるでしょうから、一緒にお気に入りのものを探してはいかがでしょうか。

女の子用のレインコートは可愛い色やデザインも多いので、子供が気に入るものが見つかるでしょう。雨の日が楽しみになるようなお気に入りのレインコートを用意しておいてはいかがでしょうか。
  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・展示会
  • 2020年ご入学用無料ランドセルカタログ請求