大容量!羽倉のランドセルの「収納力」

(約2分20秒の動画・音声あり)

ランドセルの使いやすさを考えたときに気になるのがランドセルの「収納力」。
今回は羽倉のランドセルが実際にどれだけの量が入るのか検証します。


◆A4フラットファイルもすっぽり!




 



羽倉のランドセルはA4クリアファイル(縦310mm × 横220mm)およびA4フラットファイル(縦307mm × 横230mm)が入る設計です。

小学校で使う頻度の高いA4ファイルがしっかりと入るのはうれしいポイントですね。

 

◆自慢の大容量 マチ幅は12㎝!




 



増加傾向にある教材をしっかり収納できるマチ幅12㎝!荷物が少ない低学年の間は水筒や体操服なども収納できます。


1年生が使う教科書6冊とノート3冊、A4ファイル、筆箱、水筒を用意して収納力を検証。
12㎝のマチ幅ならまだ半分以上の空間があいているので、筆箱はもちろん、荷物の少ないので低学年の間は、水筒なども収納可能です。

 

◆背負い心地をよくするには?




荷物が少ない場合ランドセルの中で教科書などがゴソゴソ動いて、背負い心地があまりよくないというお子さまには、筆箱を縦に入れると中身を固定できますよ。

 

◆タブレット学習にも対応!






タブレット学習を始めた小学校も増え、タブレットを家に持ち帰ることもあります。羽倉のランドセルの前ポケットはタブレットを収納するのにぴったりサイズ!


登下校の一人歩きにまだ慣れていない低学年のうちはランドセルの中にできるだけ荷物を入れて、両手をあけた状態で通学できると、親御さんも安心ですね。