ワンポイントアドバイス

ランドセルを買う時期はいつ? アウトレット狙いなら品揃えに要注意!

この時期、ネットで「ランドセル」と検索すると、検索窓にサジェストワード(多くの人が続けて検索している関連ワード)として挙がってくるのが「アウトレット」です。
今回はアウトレット販売と、ランドセル購入の時期についてお話しますね。

そもそもアウトレットって? 注意したいことは?




アウトレット(outlet)とは、元々「出口」を意味する英単語です。転じて、旧モデルや訳あり品、コストが抑えられる工場直送品などを少し安く売ることを指すようになりました。
羽倉の手づくりランドセルでも現在、江坂ショールーム限定で展示品などのアウトレット販売を行なっています(詳しくはこちらのお知らせをご覧ください)。

同様に、12月~2月の時期はショップで展示品として並べられていた商品や昨シーズン売り出された旧モデルを、アウトレット価格で販売するメーカーが多くなっているんです。
そのため、特にトレンドや新機能にこだわりなく費用を抑えてランドセルを買いたい方なら、この時期のセール品は狙い目といえるかもしれません。

ただし注意したいのは、デザイン性や機能性に優れた人気商品は早期完売してしまうブランドが多く、この時期までほとんど残っていないケースも多いという点です。

ここで、興味深いデータをご紹介しましょう。
総務省の家計調査による、通学用かばんの月別支出金額のデータです。

通学用かばんの月別支出金額(二人以上の世帯)に見る、ランドセル購入時期の変化


その1<15年前 vs 5年前>



【出典】総務省統計局「家計調査通信第494号(平成27年4月15日発行)」、家計ミニトピックス
https://www.stat.go.jp/data/kakei/tsushin/pdf/27_4.pdf


約15年前(平成13年4月~16年3月の月ごとの平均)は入学の直前、3月にランドセルを購入する家庭が多かったことが分かります。約5年前(平成 23 年4月から 26 年3月までの月ごとの平均)のデータではピークが秋に移り10月~12月が多くなりましたが、直前の3月に準備する家庭も少なくなかったんですね。

続けて、約10年前(平成16年4月~19年3月の月ごとの平均)と近年(平成26年4月~29年3月の月ごとの平均)の変化を比べてみましょう。

その2<10年前 vs 最近>



【出典】総務省統計局ホームページ
https://www.stat.go.jp/data/kakei/family/03.html


10年前は入学間近の1~3月の支出金額が多くなっていました。ところが、ここ数年では8月が最も多く、次いで10月、7月、9月の順。支出の増える時期が大きく変化しています。ランドセル購入時期のピークが大幅に前倒しされていることが分かりますね。

 

このデータからも分かるように、アウトレットで買おうと決め込んで冬までランドセルをチェックしないでいると、あとで後悔する可能性があるんです。

アウトレット品を買うなら、事前のリサーチをしっかりと!


安さ重視なら冬の時期に集中するアウトレット販売も視野に入れる価値はあり、「特定のブランドを買いたい」「この工房のランドセルなら型落ちの旧モデルでもいい」という方にはお得感があります。
事前にランドセルをどんな基準で選ぶか、何を優先して何を我慢するか、しっかり方針を決めておくことで間違いのないランドセル選びができると思います!

なかには通年ネットでアウトレットセールを行っているメーカーもありますが、新入学生のために改善されている最新モデルはなかなか手に入らないことも。そのため、特に質や機能、デザインにこだわってお好みのものを選びたい方には、アウトレット品はあまりお勧めできません。

ただし。
手前ミソですが、羽倉のようにまだそこまでランドセル業界やママさんたちに名前を知られていない工房なら、掘り出し物に出会えるチャンスが広がるかもしれません!
できれば事前に口コミを確認して、ご自身が信頼できるブランドやメーカーの商品かをチェックしたうえで、ショールームやアウトレットセールの会場に足を運んでくださいね。


羽倉の手づくりランドセル アウトレット販売についてはこちら

 

2018年も残り少なくなってきました。大掃除やお正月の準備でお忙しい時期ですが、お子さんの体調にも気を配りつつ、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
2019年も羽倉の手づくりランドセルをよろしくお願いいたします。