ワンポイントアドバイス

もうすぐ小学校卒業!ランドセルとの記念撮影を忘れずに!!



3月に入ったと思ったら、あっという間に小学校の卒業式が近づいてきましたね。
子どもの成長は早く、「わが子が中学生になるなんて信じられない」という保護者の方も多いのではないでしょうか?

ランドセルの記念撮影はお済ですか!?




6年間で成長されたお子さま、ランドセルを背負った後ろ姿は6年前と比べどうですか?

入学当時はランドセルに背負われてる感がいっぱいだったはずなのに、今は腰の上にちょこんと乗ってるくらいになっているかもしれませんね。

入学当時は、楽しみにしていたランドセルとの記念撮影をしたご家庭も多いと思いますが、卒業時のランドセル撮影は忘れられがちです。
6年間ずっと一緒だったランドセル。処分する前にぜひ、お子さまとランドセルの写真を残してあげてくださいね。

オススメのランドセル撮影




ランドセルとの記念撮影には、次のようなカットがおすすめです。

お子さまとランドセルのツーショット


お子さまがランドセルを背負っているところを、前・横・後ろから撮影してみましょう。
一年生の頃の写真と並べて保管すると成長が一目でわかりますね。

お友達との記念撮影


仲のよかったお友達、一緒に通学したお友達と撮影すると小学校時代の記念になりますね。
仲間と肩を組んだり、おしゃべりしたり、楽しそうに過ごしているところをぜひ写真に収めてみてください。

小学校の思い出が伝わるグッズとの撮影


お子さまが小学校時代に熱心に取り組まれたこと、大好きだったもの、表彰状、頑張って作った作品などと一緒に撮影するのもよいですよ。大人になって、その写真を見るといろいろな記憶がよみがえってきますね。

卒業後のランドセル




お子さまが小学校を卒業した後のランドセルをどうするか?

6年間大切に使ってきたものだし、高価なものだし捨てるのは罪悪感が…という保護者の方も多いと思います。
そんな時は、次のようなことも検討してみてはいかがでしょうか?

ランドセルをリメイクする


お子様がランドセルを気に入っていて、手元に置いておきたいという場合には、リメイクがおすすめです。
従来からあるミニランドセルだけでなく、財布やパスケース、掛け時計等さまざまなリメイクサービスがありますので、お子さまと相談してみてはいかがでしょうか。

ランドセルを寄付する


使用しないランドセルは、発展途上国に寄付することができます。
寄付できる団体をご紹介します。素材(豚革や学校指定のナイロン素材)によっては受け付けてもらえない場合もあるので、気をつけてくださいね。

・国際協力NGOジョイセフ(公益財団法人)
https://www.joicfp.or.jp/jpn/donate/support/omoide_ransel/

・クラレ
http://www.omoide-randoseru.com/home.html

・国際社会支援推進会ワールドギフト
http://world--gift.com/kihu/schoolbag-1.html

オークションなどで譲渡する


ランドセルの状態が良い場合には、オークションなどで中古販売することも可能です。中古のランドセルは需要があるので、捨ててしまうという場合は、一度オークションに出してみると売れるかもしれません。

 

6年間の思い出をつめ込んだランドセルが新しく生まれ変わったり、誰かの役に立てると素敵ですね。