ワンポイントアドバイス

【女の子編】ランドセルカバーで人気のタイプは? 可愛くて選ぶのが楽しい!

女の子のランドセルカバーはデザインが豊富で選ぶのが楽しくなってしまいます。しかしカバーのデザインだけで決めると、あとで困ってしまうかもしれません。

選び方のポイントや人気のタイプを紹介します。参考にしてください。

女の子のランドセルカバー、選び方のポイント



ランドセルとカバーのサイズを確認


選ぶ前に確認してほしいのが、ランドセルのサイズです。ランドセルは主に4つのサイズがあります。



現在、ランドセルはA4フラットファイルに対応した4Lワイドが主流ですが、それ以外のものも販売されているので、サイズを確認した上でカバーを購入してください。

ランドセル本体とカバーのデザインをコーディネート


女の子のランドセルは、細かいところまで凝ったデザインで作られていたりと、とってもおしゃれです。ランドセルとカバーをうまくコーディネートしてください。

チェックしてほしいポイント

  • ランドセル本体とカバーのカラー

  • クール系?かわいい系?

  • シンプル?装飾多め?


特に気を付けたいのがカラーです。カバーだけを見ると良い色なのに、本体と合わせると相性が悪いこともあります。

ランドセル本体とカバーの生地の相性…色移りの危険あり


ランドセル本体とカバーの生地の相性が悪いと生地が本体に貼り付いて取れにくくなったり、色移りする危険があります。

ランドセルの取扱説明書に詳しく書いてあるので、1度読んでからカバーの購入を検討してください。

1年生には指定の黄色いカバーが配布される場合も


かわいいランドセルカバーを購入してウキウキしていたら、説明会で「1年生は学校指定のカバーを着用するように」と説明される場合もあります。もし、入学のタイミングで引っ越すなど、カバーが使用可能なのか事前に確認するのが難しい場合は、入学後に購入するのもおすすめです。

あなたの好みは透明タイプ?不透明タイプ?



ランドセル本体が活かせる透明カバー…メリットとデメリット


メリット


ランドセル本体のカラーやデザインが活かせるので、気に入ったランドセルを長い間、きれいに使うことができます。

また、ワンポイントでデザインが入っている透明なランドセルカバーでは、ランドセル本体に小さなアクセサリーを付ける感覚で使えます。

デメリット


透明なランドセルカバーは長期間使っていると擦れて透明な部分が白くくすみ、本体のカラーが見えにくくなります。耐久性の高いものであれば長持ちしやすいので、選ぶときに気をつけてください。

また、不透明タイプと比べると強度が弱いので、定期的な買い替えが必要です。

不透明タイプは着せ替えが楽しめる…メリットとデメリット


メリット


不透明タイプはランドセル本体の影響を受けにくいので、カバーを取り替えるとがらりとイメージを変えることができます。着せ替え気分でおしゃれに楽しむこともできるので、女の子に人気です。ランドセルカバーは定期的に外してお手入れしなくてはいけないので、その都度で複数枚を付け替えて楽しむ子もいるようです。

デメリット


せっかく凝ったデザインのランドセルを購入したのに、不透明のカバーをつけてしまうと見えなくなってしまうというデメリットがあります。

また、カバーのデザインや色によっては、傷や汚れが目立ちやすいです。カバーをしたためにお手入れが面倒になる場合もあります。

女の子に人気のカバーはどんなタイプ?



透明タイプ1:ランドセルが凝ったデザインの人におすすめ




画像引用元: KAWADAI FORESTRY https://item.rakuten.co.jp/kawadai-forestry/l-000/

完全に透明で縁取りだけ色があるタイプを使っている女の子はとても多いです。特に、刺繍やワンポイントが入っているランドセルを購入した場合は、ランドセルのデザインを邪魔することなく、きれいな状態を長く保つことができます。

また、透明なタイプは100円ショップにも売っています。一般的な店で売っているものより強度などは落ちますが、壊れてしまった時など緊急時には十分に使えますよ。

透明タイプ2:シンプルなランドセルにぴったり




画像引用元:MOMOCO https://item.rakuten.co.jp/momoco-shop/cover04/

透明なタイプにプリントが入ったランドセルカバーは、シンプルなランドセルを選んだ人にぴったりです。ランドセルをキャンバスに絵を書いたような雰囲気で、いろいろなコーディネートを楽しむことができます。

プリントをかわいい系からおしゃれ系にチェンジすると、ランドセルの印象が大きく変わるのもポイントです。

透明タイプ3:パーツ付きなら、人とは違うおしゃれ感




画像引用元:fu-lab https://item.rakuten.co.jp/gyoumuyou/laceland/

パーツ付きで立体感のあるランドセルカバーは、周囲とは一味違った印象になります。シンプルなパーツから、大振りのリボンまでさまざまで、注目されること間違いなしです。

反射材でできたパーツなら、暗い日でも安心できます。

ランドセル本体も活かしたいけど、個性も出したいという人におすすめです。

不透明タイプ1:着せ替えを楽しみやすいフルデザイン




画像引用元:aile https://item.rakuten.co.jp/aile2016/rd-022-023/

不透明タイプはランドセルの雰囲気を変えやすいのが特徴です。成長と共に好みの色柄が変わっても、カバーを取り替えれば簡単に好みのランドセルになります。

1色のシンプルなものから、キュートな柄ものまでさまざまで、種類も豊富なのでお気に入りのものを探すのがとても楽しいです。

シンプルすぎるものを選んだため低学年には物足りない時や、傷がついてしまった高学年の女の子におすすめです。

不透明タイプ2:フルデザインでパーツ付きのもの



画像引用元:ミッケ https://item.rakuten.co.jp/sumajyo/lt_ot_044/

フルデザインで立体的なパーツがついているものもあります。シンプルなカバーに大きめのリボンなど、低学年から高学年まで使いやすいデザインのものが多く、ランドセルカバーでオシャレに楽しみたい女の子におすすめです。

ランドセルとカバーをきれいに長く使うコツ



コツ1:こまめに取り外す


ランドセルとカバーの隙間は汚れがたまりやすく、砂などが入り込むと擦れてランドセル本体もカバーも傷つけてしまいます。また雨に濡れた時は外して乾かさないとカビが発生してしまうこともあります。

簡単に取り外せるカバーを選んで、こまめに外してください。

コツ2:ランドセルカバーも洗濯


ランドセルカバーが洗濯できる素材ならば、取り外した際に洗濯しましょう。もし、洗濯できないものでも、水拭きするなどして清潔に保ちます。特に縫い目や金具部分などは汚れが溜まりやすいので、注意をしてください。

まとめ




女の子のランドセルカバーはとてもかわいいですが、カバーだけを見て決めずランドセルとコーディネートして選んでください。

また、デザインだけでなく、強度や扱いやすさなどの機能面も重要です。ランドセルを長くきれいな状態で使うためのコツを参考に、子どもとあなたが使いやすいカバーを選びましょう。

 
  • ランドセル商品一覧
  • 実物が見られるショールーム・展示会
  • 2020年ご入学用無料ランドセルカタログ請求